読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カブトムシ飛行ツアー

小さいころからカブトムシが大好きな管理人のブログ。

英語を話せることの利便性

語学

いまの時代就職には英語がマストになっているように感じられる。大企業の一部には社内で英語が公用語のように扱われていて、英語はしゃべれて当りまえと思われている。

近年英語を学ぶため・喋れるようになるために留学する人が増えていて、自分も留学を考えている。ではなぜそもそも日本でこんなに英語が必要とされているのか。これからの社会の中で企業が他の企業と差をつけるには海外進出というものが確実に必要になってくるからであると自分は考えている。

 

現状でも大手企業はすでに海外進出、海外の企業と提携を組んでいるのがほとんどである。企業として海外への進出にやはり必要なのはやっぱり英語であり、そのために企業は英語が話せる人を求めるのは当然だと思う。

また2020年には東京オリンピックの開催することが決定しており、外国からたくさんの人が日本に訪れることが見込まれる。それは英語を公用語としている人だけでなく他言語を話す人ももちろんやってくるが、やっぱり英語圏の人が多いと自分は思う。そのためにも英語が話せたらいろんな外国の人とコミュニケーションをとることができて楽しさも倍増するだろう。

他にも英語が話せたら、海外旅行にも行きやすくなり楽しさも増えると思う。英語を学ぶ機会として留学すると他国の文化に触れ、他国にしかないこともたくさん学ぶことができて人生観が変わったという人も少なくない。このように英語を学ぶことによる利便性や変化というものはとても大きいものだと思う。だからこそ英語は学ぶべきなのだ。