読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カブトムシ飛行ツアー

小さいころからカブトムシが大好きな管理人のブログ。

答えがない英語のテストでもいいじゃないか

英語の試験 英検 センター試験 自由度 英語教育

英語の試験、定期テストは先生が丸をふってくれるので多少オリジナリティがありますが、英検やセンター試験となると答えって模範解答がありますよね。受験でも、大学時代塾でアルバイトをしていた時、英作文の模範解答はあるものの、自分で作った作文が正しいかどうかよく聞かれました。日本ではこれくらいの自由くらいしか許されないのでしょうか。

 

諸外国では、テストは2,3問しか出題されず、そのどれも答えがないものだと聞きます。日本でも大学で、語学以外の授業のテストならそれもありますが、もっと年齢の低い時からそういうテストを受けていると自然と作文能力が身につきますよね。私は、特に日本人の英語となると自発的発言が弱いように思います。リスニングやリーディングはテストにあるのに、自分の意見を発するスピーキングや、自分の思っていることを文章化するライティングがありません。

もっと自由に、例えば「英語を使ってあなたが将来やりたいことを英語で書きなさい」というような問題があっても良いように思います。そんなの難しすぎるよ!と思うのはきっと「正しさ」にこだわりすぎているから。意味が伝われば良しくらいに思っていればもっと伝えたいことを言葉にして紡ぎだせるのに。だから無口だとかシャイだと言われているのだと思います。正しさも重要ですが、それ以上にだまっているのは相手に何も伝わらなくて、何のために今まで英語をやってきたかわかりません。